現在の日本で激増している歯列矯正失敗による顎関節症やうつ病から復活するために必要な名医の歯科治療とはどのようなものかを実際の臨床例と患者の声で伝えるG.V.BLACK DENTAL OFFICE治療ブログ
Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

NewEntry
Comment
  • 歯が綺麗になると友達が増えるというのは事実
    ほづん (04/03)
  • GVBDO 23 ホワイトニングは歯列矯正とは切っては切れないもの・機能も重要だけど見た目も重要
    きょろ (09/23)
Category
Archives
Links
Profile
Mobile
qrcode
歯列矯正ブログ村
Other


GVBDO 13 お気楽レジンは本人さえ知らないようなところにもあり矯正が終わると虫歯の大爆発となって現れてくることは、矯正をしたあなたにはわかっているはず

June 14, 2013

カーリー大阪

40代美容師 復活の再矯正

#6,7 GI

 

カーリー大阪は#6,7 GIでした。

修復治療ですからラバーダムは必須になります。

 

コンポジットレジン,治療, 歯,画像,レジン治療,歯,前歯,保険,歯科レジン,高山市,名医,GVBDO,G.V. BLACK DENTAL OFFICE

 

#6には歯頚部にお気楽レジンがあります。

日本では非常に良く見かける部位のレジンで

明らかに患者のためというより

歯医者さんの収入のための治療

という感じがします。

 

コンポジットレジン,治療, 歯,画像,レジン治療,歯,前歯,保険,歯科レジン,高山市,名医,GVBDO,G.V. BLACK DENTAL OFFICE

単なる着色とか

楔状欠損の初期状態とか

削って治す必要が全くない状態だからです。

しかも、ラバーダムなしで行うレジンですから

すでに茶色に変色しており

明らかに歯の内部は虫歯になっています。

削らなくても良いところを削り

さらに虫歯の大爆発を誘因するのですから

患者のためにはなっていません。

#7は裏側にお気楽レジンがあります↓。

 

コンポジットレジン,治療, 歯,画像,レジン治療,歯,前歯,保険,歯科レジン,高山市,名医,GVBDO,G.V. BLACK DENTAL OFFICE

 

ピットと呼ばれる窪んだところを

削りお気楽レジンを詰めていますが

こちらも着色を削ったものだろうと

簡単に推測できます。

顛末は同じですから

患者のための治療ではありません。

#6の歯頚部レジンを除去した様子です↓。

 

コンポジットレジン,治療, 歯,画像,レジン治療,歯,前歯,保険,歯科レジン,高山市,名医,GVBDO,G.V. BLACK DENTAL OFFICE

 

ここで注目↑は表面に付いたドリルの痕です。

日本でブラケットを付けた歯列矯正をして

ブラケットを取るときに

接着剤を剥がす時にドリルで削る

歯医者さんがいて、

そのような歯医者さんで歯列矯正をすると

歯の表面にこのような

ドリル痕ができることがあります。

放っておくと虫歯になりやすいので注意です。

カーリー大阪は

前回#9の表面にレジンを詰められていて

そこが虫歯になっていたので

G.V. BLACK DENTAL OFFICEで

やり直しをしましたが

これも同じように歯列矯正がらみだと

山崎先生は思っています。

日本では歯列矯正をすると

虫歯になるのは当たり前!

だと、レベルの低い治療をする

歯医者さんたちは言っているようですが

アメリカでそんなことを言ったら

患者はだれも来なくなります。

歯列矯正をしても

虫歯になることはない!

というのが常識だからです。

ということで今日の治療も無事に終わりました↓。

 

コンポジットレジン,治療, 歯,画像,レジン治療,歯,前歯,保険,歯科レジン,高山市,名医,GVBDO,G.V. BLACK DENTAL OFFICE

 

治した部分は白く見えますが

これはホワイトニング終了後の色だからです。

カーリー大阪は歯列矯正をした後、

ホワイトニングで歯を白くして

G.V. BLACK DENTAL OFFICEでの

全ての治療が終了する

段取りになっているからです。

本日で修復治療は終了し、

フレネクトミーもしたので

次回はBracket Bonding になります。

修復治療が終わった上の歯の状態です↓。

 

コンポジットレジン,治療, 歯,画像,レジン治療,歯,前歯,保険,歯科レジン,高山市,名医,GVBDO,G.V. BLACK DENTAL OFFICE

 

修復治療が終わった下の歯の状態です↓。

 

コンポジットレジン,治療, 歯,画像,レジン治療,歯,前歯,保険,歯科レジン,高山市,名医,GVBDO,G.V. BLACK DENTAL OFFICE

 

これで歯列矯正の準備が完了です。

歯列矯正治療をするための前準備として

1)虫歯フリー

2)歯周病フリー

3)顎関節症フリー

になっていなければならないので

カーリー大阪はここまで

その準備をしてきました。

日本の歯医者さんで歯列矯正をすると

専門医だろうと認定医だろうと

この3つの条件を全く無視して

行う歯医者さんが多いため

カーリー大阪のように

苦しみばかりで

何のために歯列矯正をしているのか

意味不明になる人が多い日本ですが

世界で唯一歯科先進国のアメリカには

アメリカ歯科標準治療というものがあって

その治療は間違いなく

人々を幸せにしている

しかもそれは

100年以上もの歴史があり

エビデンスに基づき

正しい事だけを行うので

治るという結果が待っている

という真実があるということを

日本の歯科医療に絶望し

歯医者さんを怨むようになった

あなたに

歯科治療というのは

人々を救うためにあるのだ

あなたが怨んでいる歯医者さんも

ちゃんとした治療方法を

学ぶことさえできれば

神様のような人になれる

ということを山崎先生は

伝えたいと思い

今日のDental Diaryを書きました。

*アメリカ歯科標準治療*

参考1:アメリカ歯科標準治療とは?

参考2:アメリカ歯科標準治療の実際

参考3:最新のアメリカ歯科標準治療

コンポジットレジン,治療, 歯,画像,レジン治療,歯,前歯,保険,歯科レジン,高山市,名医,GVBDO,G.V. BLACK DENTAL OFFICE

#6、7、GI 投稿者:カ−リ− 

投稿日:2013年 6月14日(金)22時50分30秒

山崎先生、事務長様、本日の治療も

お世話になりました。ありがとうございました。

今日は#6、7のGIと、#11HS、

フッ素をぬって下さり最後に明日の

ブラケットボンディングの為の

印象を取って頂きました。

先生に問題なく終了したと言って頂き

ホッとしました。

今日で修復治療が終わりましたが

自分の口の中から虫歯が無くなった事、

全ての歯を健康にしてくださった事、

嬉しくて嬉しくて先生に感謝するばかりです。

本当にありがとうございました。

BBのやり方も先生が説明して下さいましたが

自分や自分のまわりでされている

やり方とは全く違っていて

いきなり自分の歯にブラケットを

付けていくのではなく、

とった印象にブラケットを付けていき

それをキレイにはがして?

位ずつ切り取って歯にそのまま

付けていくのだそうです。

(こんな説明ですいません)

先生の治療の凄さを

また改めて思い知らされました。

それから、治療のベッドに矯正の調整、

修復治療、と違う患者の準備をするのに

1時間はかかるとお聞きしましたが

本当に驚きました。

本当の治療から考えますとこれも納得です。

山崎先生、本日もこのような

本当の治療をして頂き感謝しております。

ありがとうございました。

ブラケットボンディングとても楽しみです!

どうか明日の治療もよろしくお願い致します。

事務長様、美味しいお食事に

お茶などご馳走様でした。

本当にありがとうございました。

そして今日も送って頂きましてすいませんでした。

いつもいつもありがとうございます。

明日もお世話になりますがよろしくお願い致します。

それから、いつもいろんなお店を教えて頂き

とても助かっています!

ありがとうございます!

 

岐阜県高山市で最も読まれているスピ系ブログかも↓

 

G.V. BLACK DENTAL OFFICE, GVBDO


↓歯で悩んでいる人に朗報

*30分でわかる全歯科治療の真実*

真実さえわかれば

もう歯医者さん選びで迷わなくなる!

だから

もう歯では悩まなくなる!

そしたら

肉体的にも精神的にも元気になる

それを20年以上にもわたり

実際の治療現場で証明し続けている

Norman Yamazaki, DDS.

が日本国民のために書き下ろした名著

動画で見る
アメリカ歯科標準治療入門書

 

 

 「ほんとうの治療」内容<<<info click

 

G.V. BLACK DENTAL OFFICE H

 

 

| カーリー大阪 | 18:56 | comments(0) |









http://gvbdobook.jugem.jp/trackback/1228