現在の日本で激増している歯列矯正失敗による顎関節症やうつ病から復活するために必要な名医の歯科治療とはどのようなものかを実際の臨床例と患者の声で伝えるG.V.BLACK DENTAL OFFICE治療ブログ
Calendar
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

NewEntry
Comment
  • 歯が綺麗になると友達が増えるというのは事実
    ほづん (04/03)
  • GVBDO 23 ホワイトニングは歯列矯正とは切っては切れないもの・機能も重要だけど見た目も重要
    きょろ (09/23)
Category
Archives
Links
Profile
Mobile
qrcode
歯列矯正ブログ村
Other


GVBDO 20代主婦が総入れ歯の危機から脱出する歯列矯正01 G.V.BLACK DENTAL OFFICE

Summary: 小さい頃からレベルの低い治療を受け続け、13才で上の前歯を失ったのを皮切りに、神経を取られてメタボンにされ、咬合の破壊と根尖病巣の大爆発した前歯のブリッジに悩まされ続けた挙げ句、歯をどんどん抜かれ、このままでは20代で総入れ歯になるのではないか?という不安に悩まされていたが、30代まではなんとか持ちこたえたものの、歯医者さんに行けば行くほど歯が悪くなると言う現実に不安を感じていたが、なんとかG.V. BLACK DENTAL OFFICEにたどり着き、1ヶ月の修復治療、1年の歯列矯正治療の結果、自分の歯で一生暮らせるメドが立ち、インプラントや総入れ歯とは無縁の人生となって、精神的にも肉体的にも充実した生活を送っている北海道在住の鞍作路加(くらつくりのルカ)の記録。

 July 05, 2006

鞍作路加(くらつくりのルカ)登場

今日の一番は鞍作路加(くらつくりのルカ)でした。

初診です。

まずは自己紹介です。

*****

G.V. BLACK DENTAL OFFICE

女性患者総代 吉沢 カオリ様

はじめまして。

私はG.V.BLACK DENTAL OFFICEでの治療を

心から望んでいる鞍作路加(くらつくりのルカ)と

申します。

突然にメールを差し上げます失礼を

どうぞお許し下さい。

昨年の6月にGVBDOのHPに

出会うことができました。

長い時間がかかってしまいましたが、

やっと準備が整いました。

大変厚かましいお願いですが、吉沢様には

是非ともご推薦いただきたいと思いまして、

本日、治療希望申込書をお送りいたしました。

この一年間、GVBDOのHPは私の心の支えでした。

吉沢様の日記は楽しみながら全て読ませて頂きました。

山崎先生の緑の日記では本当に様々なことを

勉強させて頂いております。

また、どんな自分でありたいのか

真剣に考える機会をも与えて下さいましたことを

本当に感謝しております。

私もまた、長い間歯で悩んできた一人です。

今まで覚えている限り、歯が良かったという時期は

なかったような気がします。

頭の片隅では、常に歯のことを思い煩い

不安な気持ちでいました。

これからの残りの人生は、歯で悩むことのない

明るい毎日を送りたいと願ってやみません。

私にはもう山崎先生に治療していただく以外、

他に道はありません。

もしも導いて頂けるのならば、どのような試練も

乗り越えて必ず復活する覚悟でおります。

吉沢様、お忙しいところ大変恐縮ですが、

どうかよろしくお願いいたします。

01 氏名 

鞍作路加(くらつくりのルカ)

02 住所 

北海道

03 年齢 

30代前半

04 職業 

仏師

06 主訴

#6〜#11ブリッジのうち、#10,11に違和感があり

今現在、麻酔がかかっている様なしびれと

圧迫感を一日中感じています。

・左の小鼻のまわりがはれぼったく、

ジーンとした痛みを感じます。

目の下に鈍い痛みがあります。

・思い切り走ることや、頭を下げることもつらいです。

・現在入っているブリッジは、他人が見ると

ギョッとするようなとても醜いものです。

20代,総入れ歯,危機,30代,不安,回避,治療方法,体験談,GVBDO,G.V. BLACK DENTAL OFFICE

手で隠すか、見えないようにして笑っていましたが、

最近はこの酷い歯に慣れ始めている自分を

恐ろしく感じます。

硬いものを噛んだりすると、#5が痛み出します。

たまに頬骨の痛みもあります。

20代,総入れ歯,危機,30代,不安,回避,治療方法,体験談,GVBDO,G.V. BLACK DENTAL OFFICE

・#14のクラウンは10年ほど前から、

歯ごたえのあるものが時々噛めない状態でした。

20代,総入れ歯,危機,30代,不安,回避,治療方法,体験談,GVBDO,G.V. BLACK DENTAL OFFICE

今は時折疼きます。

・ インレーにしている、#18、19は

シクシクとしみる感じが時折あります。

20代,総入れ歯,危機,30代,不安,回避,治療方法,体験談,GVBDO,G.V. BLACK DENTAL OFFICE

・ 上下の親知らずと#13、#21、27が

生えてきませんでした。

下顎は隙間だらけとなっています。

・#28のメタルボンドが前後に動くような感じが

時々あります。

20代,総入れ歯,危機,30代,不安,回避,治療方法,体験談,GVBDO,G.V. BLACK DENTAL OFFICE

・ #30、#31の隙間には食べ物がつまり不快です。

・ 肩はいつもこっていますが、

特に左側がひどくパンパンです。

肩こりからくる頭痛が頻繁にあり辛いです。

・ 顎や首、耳の裏のリンパが頻繁に腫れます。

小さなこぶのようなものがクリクリとして痛いです。

・ マウスピースをしなくなってから、

自分の歯軋りで目が覚めることがよくありました。

また、朝起きると顎がだるいことがあります。

・ 左耳がキーンと一時的に音の聞こえが悪くなる

ことが10代の頃から続いています。

・ 自分の顔を鏡で見ても気が付かないのですが、

証明写真などを撮ると口元が歪んでいて

高校生くらいからずっと気になっています。

07 今までに受けた治療について

小さいころから虫歯だらけでした。

母はとても歯の良い人でしたので、

子供の歯に無頓着だったと思います。

母の用事に付き合わされるときには、

いつもアメやキャラメルを口のなかに

入れられていた記憶があります。

小学生のときは、世田谷の桜新町にあるS歯科に

ずっと通っていました。

親子二代の女医さんで、怒られてとても

怖かった記憶があります。

小学校4年のときに中切歯の間を

虫歯にしてしまいました。

母は大切な永久歯を虫歯にしてしまったことを

とても後悔していました。

その後すぐに前歯の神経を取られたと思います。

どんどん色が黒くなって、同級生から、

「前歯どうしたの?」と聞かれ、

からかわれることで前歯コンプレックスを

持ち始めました。

中学1年のときにおせんべいを噛んで、

右の中切歯が縦半分に割れてしまいました。

どうしていいのか分からず、そのとき入院中だった

母のもとにとりあえず駆け込みました。

「とにかく、早く歯医者にいきなさい!」

言われるままに病室を飛び出しました。

ちょうど世田谷区内で引越をしたばかりだったので、

どこに行ったらよいものか13歳の子供には

考えは及びませんでした。

結局、家から一番近くのH歯科に行きました。

初老の眼鏡をかけた先生は

「これは抜歯しないとダメだからね」

と気の毒そうにいいました。

13歳で抜歯、歯抜けになってしまった。

これはほんとうにショックでした。

その時に、左右の歯を削りブリッジにすること、

今は歯が成長するのでしばらくの間は

仮歯になると説明されました。

数年後に固定された歯となったのですが、

いつ着けられたのかよく覚えていません。

高校生のときにはもう入っていたと思います。

高校生になっても歯科通いは相変わらずでした。

いつ、どこで何番を治したのか、

はっきりとは思い出せない状態です。

近所の新しく開業した医院や、親戚に「いいよ」と

勧められた、歯科医院に頻繁に通っていたので、

すでにこの時には銀歯だらけになっていました。

18歳のとき、前歯#9(ブリッジの柱)に

違和感があり、歯茎の表面に小さいイトミミズ状の

ものが現れました。

とても気になって京都市内のK歯科を受診しました。

その当時、

私は京都で仏師になる修行をしておりました。

レントゲンの結果、#9の根の治療が不完全で、

治療のやりなおしをしなければいけない

いわれました。

院長は下らない冗談を言うにやけた態度で、

とても腹立たしかったことを覚えています。

根の治療には何回も通院しましたが、

すぐに終わるものでした。

また、治療が終わり、

新たにブリッジを入れたのですが、

歯と歯の間に三角の隙間が二つ、黒ずんだ歯茎、

自分の口の中に入ったのを見て、

あまりのショックに言葉を失いました。

とても酷いものでした。

その歯は自分のものになったわけですが、

今度は大きな口を開けて笑えなくなりました。

前歯が見えそうになると、両手で隠していました。

21歳のとき親の看病のため東京へ戻りました。

インレーだった#30、31が虫歯の大爆発状態で、

とうとう神経に達してしまい、

休日当番の歯科医院に駆け込みました。

世田谷区のS歯科医院です。

神経をとることになり、しばらく通院しました。

診察室に東京医科歯科大の卒業証書が

飾られてありました。

そこでは患者はとても少なく、今までに比べたら、

時間をかけて診てもらえました。

#30、31の治療は、神経を取りました。

#5、4もインレーをやりなおし、

これは金の物で保険外でした。

そして、

「前から気になっていたけど、あなたの前歯、かわいそうね」

「その前歯どこで入れたの? 京都かぁ〜 関西はね、私大が多いからメチャクチャなのも多いよ。」

「もし僕に入れさせてくれたら、絶対に差し歯だってわからない歯をいれてあげるよ。」

といわれました。

腕の良い、つわものと言われる技工士さんを

知っているとのことでした。

これはもう15年くらい前のことですが、

脳裏に焼きついた、忘れられないやり取りです。

前歯コンプレックスの私は気持ちが揺れました。

受付をしていた奥様の前歯は、

白くてスマイルラインはとても美しく見えました。

「これ全部主人に入れてもらったのよ。

あなたもこんな歯が入るわよ。」

そして前歯の入れ替えという道を

選択してしまいました。

きれいな歯にばかりとらわれて、

根の治療の大切さは全く分っていませんでした。

そのときに、コアの入れ替えもしました。

#9は歯がかなり薄くなっているので、

もう入れ替えは出来ないと説明されました。

コアの3回目の入れ替えでした。

この歯はどれくらい持ちますか?と質問すると、

「瓶ビールのふたを歯でこじ開けない限り大丈夫。」

私はその言葉に、ずっと持つものなのだと

思いこんでいました。

平成12年3月(31歳) #9の歯茎に違和感があり、

おかしいなと思っている数日のうちに、

急激に痛みだしました。

慢性的な違和感や痛みなど、

特別な前ぶれも何もありませんでした。

今まで経験したことのない、恐ろしい痛みでした。

家にあった鎮痛剤(ロキソニン)、

抗生物質(クラビット)も効かなくなり、

夜も眠れない状態でした。

鼻の下は酷く腫れ上がり、今まで見たことがない

動物の顔になっていました。

4、5日後、近くのM歯科で診てもらいました。

その時は、痛みでじっとしていることが

出来ないくらい辛い状態でした。

化膿して、とてもひどい状態とのことで、

すぐに抜歯となりました。

抜歯のときに麻酔を打ったのですが、

効いていないようでした。

痛みは脳天に達して、耐え難い痛みに

体の震えが止まらず、涙があふれました。

経験のない恐ろしい痛みでした。

抜歯の際の出来事は一生忘れられません。

治療が終わり、今後、前歯をどうするのか、

その話になったとき、

インプラントの言葉をききました。

ブリッジにすることは出来るけれども、

更に3本の全く健康な歯を犠牲にしなければならない。

インプラントなら2本ですむよ。

でも、骨の厚みが足りないので、

厚みを増す手術をしなければならない。

それには二つの方法があって、一つは牛の骨を

使う方法で、これはものすごく少ない確立だけど、

感染症を起こす場合がある。

もう一つは自分の腰骨を移植するもので、

提携している病院に入院して全身麻酔で

外科手術をするが、自分の骨なので安全である。

まぁ良く考えてみて。

苦しめられていた痛みからは解放されたものの、

前歯をさらにもう一本失ってしまったショックは

大きく、とても落ち込みました。

どうしてこんなことになってしまったのだろう・・・。

原因は不明と言われたけれど、

何がいけなかったのだろう。

定期健診に行かなかった自分を責めました。

インプラントという言葉は高校生の頃から

知っていました。

前歯のない私にとってはとても興味のあるものでした。

ですが、良いのか悪いのか、全くわかりませんでした。

主人も同じで、結局、子供が小さいので

入院するのは無理であろうということと、

全身麻酔が恐ろしく、ブリッジを選択しました。

そのときの私は、

入れ歯はとても考えられませんでした。

抜歯した後、その歯茎がどれくらい

落ちるかわからないので、しばらくの間、

仮歯になると言われました。

その間、悪いところを治しましょう

ということになりました。

#4、5、28(メタルボンド)をやり直しました。

平成12年3月に抜歯した前歯はその年の

12月頃に入りました。

前歯6本のブリッジは前歯で物を噛み切ると、

しなる感じがしました。

#8、9とないわけですから、

仕方ないと思いましたが、

柔らかいもの意外はなるべく食べないように

心がけていました。

まだ子供に手のかかる時期でしたので、

抱っこをしているときや一緒に遊んでいるとき、

前歯に頭突きされないようにと

いつも注意していました。

また、歯茎が腫れるのでお手入れがとても大変でした。

特に#10の歯と歯茎の境目がすぐに腫れて

とても痛痒く、出血するのを我慢して、

毎日30分くらいかけて一所懸命に磨いていました。

3ヶ月ごとの定期健診もかかさず受けていました。

前歯の歯茎の腫れについて訴えると、

「もっと磨いてください。」

と衛生士さんに言われますが、先生は

「強い歯ブラシで磨きすぎると

歯茎が後退してしまう。」と言うので、

どうしたらこの歯茎の不快感がなくなるのだろうと

悩みました。

また、ブリッジが入った時からすでに

左の小鼻の周りに違和感がありました。

お化粧を落とすときに押さえると、

ジーンと感じました。

心配でしたが、#9を抜歯したことによるものだと

考えました。

平成17年の1月の末、#5が痛みだしました。

熱いもの、冷たいものがシミ、

そのうちに痛みで物を噛めなくなりました。

メタルボンドで神経もないのにどうして痛むのだろう、

もしかして化膿しているのではないだろうかと

心配になりました。

引っ越していたので、M歯科で診てもらいましたが、

神経の治療は奥までいっているし

問題はないと言われ咬合調整だけをされました。

削った2、3日後に痛みがひどくなり、

今度は#4も痛みだしました。

しかし、M歯科でもう一度診てもらう気には

なれませんでした。

ネットで調べて、評判の良さそうな

札幌市のT歯科に行きました。

そのときは何も噛むことが出来ず、

頬骨までが痛む状態でした。

こんな歯はとってしまいたいと訴えましたが、

キレイな歯が入っているので

もったいないと言われました。

削って様子をみましょうということになりました。

また、#10、11、12につける一時的な

部分スプリントをその場で作ってもらいました。

一週間ほどで慢性的な痛みは少しずつ

治まってきましたが、硬いものはだめでした。

その後、T歯科には何度もスプリントの調整に

通いました。

#4、5の痛みは酷い頃に比べたら、

だいぶ治まっていましたが、

頬骨はずっと痛みがありました。

それでも柔らかいものなら食べることが

できましたので、少しは気分よく生活できました。

平成17年5月のゴールデンウィークに

#11の犬歯に違和感がありました。

紙一枚が引っかかっているような感じでした。

また、見た目にはわからない自分の感覚なのですが、

ブリッジが前後に動く感じがしました。

その後、#11にしびれるような圧迫感が

ありましたので、6月のはじめに定期健診を兼ねて、

T歯科にいきました。

レントゲンの結果、

#11はもしかしたら化膿しているのかもしれないが

今の段階ではわからない。

また、ブリッジを取ると大変だし、

歯がやや長くて、当たってしまうことで

犬歯に症状が出るのかもしれないので、

1ミリくらい短く削ってみてはどうか、

ということでした。

ただ、もしかすると土台の部分が

見えてしまうこともあるということでした。

歯を削って良くなるのだろうか?

#9を失ったときの恐ろしい急激な痛みが頭をよぎり、

焦りと不安で一杯でした。

#4、5の痛みから解放され、

気持ちが落ち着いてきた矢先でしたので、

また谷底に落とされたようで、かなり落ち込みました。

兎に角、

今の自分の症状はどのようにしたら

一番いいのか知りたいと思いました。

そして噛み合わせや顎関節症、根の治療について

ネットで検索して調べました。

このときにやっとGVBDOのHPに

出会うことが出来ました。

その日のうちにひたすら読み、

衝撃の事実に動揺しました。

そこにはデンタルIQ皆無の自分のことが、

書かれていたからです。

このままではどうなってしまうのかを知り、

ただ考え悩み続けました。

悩んだ末、もう一度レントゲンを撮ってもらい、

確かめたいと北大を受診しました。

平成17年7月のことです。

レントゲンの結果、

やはり#10は病巣が出来ていて、

これは吸収されることはないので、

根治のやり直しが必要ということでした。

他もまずいかもしれないと調べてもらいました。

そして、隣の#11も病巣が出来かけている

かもしれないと言われました。

たまたま私の席の近くで治療していた、

年配の先生がレントゲンを診て診断しました。

私に付いていた研修医が、この先生に

治療をお願いしましょうと聞いてくれました。

その際に「こんな簡単な根治、

| 鞍作路加(くらつくりのルカ) | 14:03 | comments(0) |
GVBDO 28 歯列矯正のフェイク情報を見破るための知識かも 8ヶ月が当たり前・15才の歯列矯正 27 #kyosei #子供矯正 #歯列矯正 #ホワイトニング

 アンナの矯正のまとめ

アメリカで正統とされる歯列矯正治療を受けたアンナの矯正が、中川女子中学校・高校(仮名)に通い日本のイケナイ歯医者さんが普通に行っている矯正治療を受けている他の生徒約200人の矯正と違うのは以下の通りであることが8ヶ月のブラケット装着期間の間に証明されました:

(01) アンナのお友達の矯正は3年以上かかるがアンナは長くても1年。

(02) アンナのお友達は矯正中は痛くて仕方がないがアンナは痛くない。

(03) アンナのお友達は矯正が終わると虫歯だらけになるがアンナは虫歯にならない。

(04) アンナのお友達は矯正が終わると顎関節症になるがアンナは顎関節症にならないだけでなく、背骨も真っ直ぐになっている。

(05) アンナのお友達は矯正が終わっても美人にはならないがアンナは小顔美人になっている。

(06) アンナのお友達は矯正のために歯を抜かれると痛くて仕方がないので、日本のハイシャさんに抗生物質や痛み止めをじゃんじゃん飲まされるが、アンナは痛くないしすぐに治るので薬なんかは飲まなくても平気である。

(07) アンナのお友達はデンタルIQボウフラ以下なので透明なブラケットを付けるが、アンナは付けない。

(08) アンナのお友達はブラケットを付けても歯が痛いだけで、なかなか歯は動かず、顔つきは永遠に変わらないが、アンナはすぐに歯が動いて顔つきも変わるので、鈍感な友達でも「アンナの矯正早くない?」と気付く。

(09) アンナのお友達で矯正を始めたために、体や精神状態がおかしくなって登校拒否や退学した人の話を聞くと、アンナは日本のハイシャさんに矯正をされなくて良かった!と思う。

(10) アンナのお友達がアンナの矯正を見て驚いているのを見ると、アンナはアメリカの一流の治療というのはこれが当たり前だらからあんまり騒がないでよ、と思う。

(11) アンナのお友達が透明のブラケットを付けて矯正期間が3年も5年もかかるという話を聞くと、アンナは、G.V. BLACK DENTAL OFFICEでは、3年以上かかる矯正は必ず失敗している!!と断言しているわ、とは可哀想で言えなくなってしまった。

(12) アンナのお友達が透明のブラケットを付けてやる矯正はブラケット装着期間が3年も5年もかかるけど、最終的にはアンナと同じ結果が得られることを信じて疑わない話をしているのを聞くと、アンナはそれって違うんじゃない?とは可哀想で言えなくなってしまった。

(13) アンナのお友達はディズニーランドに行ってジェットコースターに乗るとブラケットが取れる人がいるが、アンナはディズニーランドに行って好きなだけジェットコースターに乗ってもブラケットはびくともしなかった。

(14)アンナのお友達は透明のブラケットに透明のゴムで、汚れがつきやすく、見た目の暗い矯正を3年以上もやり続けるが、アンナはかっこいいブラケットに綺麗な色のゴムで明るく楽しい矯正をして8ヶ月で終わった。

(15) アンナのお友達は歯列矯正というと暗いイメージしかないが、アンナはとにかく明るくて楽しいイメージしかない!

(16) アンナのお友達は歯がなかなか動かないが、アンナはすいすい動くので、ブラケットの装着期間は8ヶ月だった。

(17) アンナのお友達がアンナの矯正を見てももう何も言わなのは、自分が受けているレベルの低い矯正に気付いてきたためだとアンナは知っているが、それを口に出しては言うのはまずい、と菱田さんの切れるリアクションを見ていてわかった。

(18) クラスメイトはアンナの矯正が自分たちより早く終わるのはアンナの骨が柔らかいためで特別なケースだと思いたがっているが、アンナは、は?これってアメリカの常識だよ、あなたたちが遅いんだよ、と思った。

(19) アンナの矯正はイケナイ歯医者さんを父親に持つ女番長もうならせる凄い矯正だとアンナは思った。

(20) 矯正をして虫歯になるのは日本の常識らしいけど、アメリカでは非常識だわ!とアンナは確信した。

(21) 副喫煙でタバコの煙を吸わされると体調を崩し、免疫力が低下して、矯正のスピードが落ちるので、やっぱり公共の施設やレストランは全面禁煙にしないとダメだ、全国のおとうさん、聞いてる!とアンナは思った。

(22) クラスメイトはブラケットオフした時が最高の状態で、リテイナーという針金細工をしているうちに歯はへんな方向に動いて後戻りしているが、アンナはそんなアンチークな道具は使わず、DPという秘密兵器があるので、ブラケットオフしてからどんどん歯並びや咬み合わせは良くなって一生最高の状態でいられる(菱田さんにはチョー秘密事項)

(26) 9月9日が新学期だけどそれまでにBracket Offになっていると、中川女子は大騒ぎになる!とアンナは感じていた。

(27) 歯に関する知識は、中学生くらいまでに教えて上げないと、永遠にデンタルIQボウフラ以下で終わる人になる!とアンナは確信した。

(28) 新学期になってアンナのブラケットが取れていても絶対に誉めるな!!と日本のハイシャさんがパパの女番長から通達が来ているという情報があるけど、まさかそこまでやるのかな?とアンナは思ったが、結局、マジだった。

(29) アンナのブラケットが取れないうちにブラケットを取って少しでも精神的ショックをやわらげよう、と考えるクラスメイト続出で、歯がちゃんと揃っていないのにも拘わらずブラケットを外すして、リテイナーをしているクラスメイトが急増したのには、アンナだけでなく菱田さんも驚いた。

(30) それにしても他のクラスメイトが3年も4年もかけて、まともな歯並びにならない矯正をやっているのを横目に、たった8ヶ月で歯も揃い、噛み合わせもしっかりして、完璧な姿になってブラケットが取れたなんて、実際に体験したことのない人には、話しても信じてもらえないだろうなあ・・・とアンナは思った。

(31) アンナのお友達は矯正が終わりブラケットが外れる時には、歯が黄色く汚れているが、アンナはアメリカ人の様に白くピカピカになった。

(32) アンナのお友達は矯正が終わりブラケットが外れる時に、日本のハイシャさんによって歯のエナメルを傷つけられることがあるがアンナはムキズだった。

(33) アンナのお友達は不適切な矯正をされているで3年から6年もブラケットを付けた状態で歯を刻々と破壊され、いつ終わるかもわからない泥沼にはまっているが、アンナはほんとうの治療のレベルの高い矯正なので、歯はムキズのまま8ヶ月で終わった。

(34) うちのクラスのPTAを仕切っているのが、家族みんな歯医者をやっているという家系に生まれた歯医者のおばさんで、この人が、「アンナの歯列矯正はまぐれで早すぎる!普通は3年以上かかる!自分の娘も3年やった!3年以上やると後戻りはしにくくなる!」と力説しているのが判明!

へえ、「あんたの子供はもう後戻りしちゃってるよ。本人がそう言っているよ。とアンナは思った。

(33) 歯が後戻りする要素はたくさんあるらしいが、どのような場合でもそれをクリアする方法はあるのだ!ということをアンナは知ったが、クラスメイトが「矯正は後戻りするので、また30才くらいになったら、やらないとダメかもしれない・・・」と暗く話しているのを聞いて、アンナはそれって絶対悲劇かも・・・自分には関係ないから、と余裕で思った。

(34) 歯が良くなると、歯が悪い人とは一緒にいられなくなる運命だとアンナは思った。

ホワイトニング開始↓

(35) 歯がアメリカ人みたいに白くなるってうそみたい!とアンナは思った。

(36) こんなに歯が白くなると、マジで殺気を感じる今日このごろだとアンナは思った。

(37) 歯が白くなったら、電車やバスに乗っていると知らない人が、歯がきれい!と言ってくるのには驚いた。

白い歯ってなかなかいいよ、とアンナは思った。

以上

接着ブリッジ,前歯,削らない,最小限,インプラント,メタボン,画像, GVBDO,G.V. BLACK DENTAL OFFICE

 

アンナの全治療を見るPC<<<info click

 

 

岐阜県高山市で最も読まれているスピ系ブログかも↓

 

 

G.V. BLACK DENTAL OFFICE, GVBDO

 


↓歯で悩んでいる人に朗報

*30分でわかる全歯科治療の真実*

真実さえわかれば

もう歯医者さん選びで迷わなくなる!

だから

もう歯では悩まなくなる!

そしたら

肉体的にも精神的にも元気になる

それを20年以上にもわたり

実際の治療現場で証明し続けている

Norman Yamazaki, DDS.

が日本国民のために書き下ろした名著

動画で見る
アメリカ歯科標準治療入門書

 

 

 「ほんとうの治療」内容<<<info click

 

G.V. BLACK DENTAL OFFICE HOME PAGE PC

 

JUGEMテーマ:中学生・高校生の歯列矯正

| 15才アンナの歯列矯正 | 10:50 | comments(0) |
<< 3/622 >>